数で勝負では無く質で勝負!見所の無い物はそもそも載せません!!
文句無しに面白かった物は殿堂入りとし、評価の低い物でも何かしらの魅力のある物のみを厳選して紹介して行きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カイダン実ハ。

カイダン実ハ。

ジャンル ホラー系AVG(グロ表現有り)  
OS Windows98/2000/XP/win7
カテゴリ フリーゲーム 公式サイト DL(Vector) 
久々に本気で怖いと思ったホラーゲーム
グロ有り。色々な意味で狂気がむんむん。
80点!殿堂入り!!
今回は一部ではめちゃくちゃ怖いと評判のホラーゲーム「カイダン実ハ。」をレビュー。実際かなり怖いのでニコニコ等の動画サイトの完結している実況プレイ動画で楽しむのもお勧めです。

設定・シナリオ
舞台は現代日本。ほぼ完全に外界から隔離された閉鎖的な村に訪れた主人公(誰か)が、そこで出会った奇妙な村人から話を聞く事で物語が展開します。あんまり書くとネタバレしそうなので多くは語れませんが、文章力も高く色々な意味でヤバイ匂いがプンプン伝わってくる良ホラーテキストだと思います。惜しむらくは物語の収束のさせ方がちょっと説明不足かも。

演出面がスゴイ
このゲームはとにかく演出面がズバ抜けてます。直接的にグロ絵を出して怖がらせたり、唐突に大きな音を出すことで脅かしたりする事無く、絵や音はひたすら雰囲気作りに徹している感じなのですが、色々センスが良いので相乗効果でえらい雰囲気を醸し出してます。

サスペンス要素の高い展開
このゲームに登場する語り部である村人は皆、演出的に知恵遅れの子供の様な話し方をするので、断片的に出て来る情報からそれの意味する所を考える様な、独特のサスペンス的要素があります。その辺りがグロ表現と妙にマッチしていて、かなり惹き込まれる物があります。

難点
ぐろい。暴力・猟奇・カニバリズム。その他諸々の禁忌的な表現が多数。


今回はニコニコに実況プレイ動画あったのでそちらから拝借。
動画を少し見て雰囲気を掴める感じのゲームでも無いので
序盤だけ見てもポカーン状態かも知れませんが・・・。
[ 2012/03/04 18:28 ] ADV | TB(0) | CM(-)

エクソシズムブリーズ

エクソシズムブリーズ

ジャンル オンラインRPG(完全無料・個人製作&運営)  
OS Windows98/XP (win7[64bit]にて動作を確認)
カテゴリ フリーゲーム 公式サイト 
※本記事執筆時の最新版はv1.56です。最新版にしないと内部エラーが出るので注意。

極めて珍しい個人製作のMMORPG
序盤マゾイ!戦闘は単調!!でもハマれば年単位で遊べる昔のMMO!!!
78点!
今回はフリーゲームの中でもかなり数の少ないMMORPG「エクソシズムブリーズ」をレビューします。まあMMOと言ってもオンライン要素はかなり限定的で、ブレス交換や死亡時の救出・アイテムのトレードやチャットなどの間接的な物が中心。戦闘はソロが基本でPTプレイ不可な所がMMOとしては辛いですが、半ばオフゲー的なノリで遊べるので過疎に強い所がメリットかな。一応公式の鯖ログによると2011年10月現在では日当たり100人~400人(平均185人/日)程度のログインがある様です。まあ古参が多いのでリアルの知り合い数人とかで始めてメッセンジャーやIRCを繋ぎつつ、まったり情報交換でもしながら遊ぶ様な遊び方がお勧めですが。

こういう国産で個人製作のMMOは本当に数が少なくて、パっと思い付く限りで現存しているのは「OUTLIVEONLINE」とコレぐらい。OUTLIVEはβ3の時に強烈にハマった記憶がありますが、β4になってからパっとしなくなったので今後レビューを書くかは微妙です。

個人開発のMMORPG!
個人開発系の魅力は収益性を無視して開発可能な所。最近は基本無料で遊べるアイテム課金制のオンラインゲームが沢山ありますが、収益性を高める為に面白さを犠牲にしている様な所が必ずあるので、その様なしがらみの無い個人開発には素材の質等では太刀打ち出来ないまでも、ひたすら面白さを追求出来ると言う点で大きなアドバンテージがあると思います。

好みに合えば中毒性の高いレアハント
レアの仕組みはベースになるアイテムに冠詞がランダムで複数付くタイプ。基本性能の高いベースアイテムに良い冠詞が重なれば凄いレアになると言ったシステム。基本性能の高いアイテムをドロプップするモンスターはある程度のレベルになるまで手が出せないので結果的に序盤がだるい。レアドロップの傾向は「出難い代わりに良品が出た時の嬉しさは異常!」みたいな人を選ぶ代わりに中毒性の高いタイプ。戦闘がアクション寄りで難易度も高めなのでレアの性能を数値的な物だけでなく体感的に味わえる所が個人的には良かったです。

独特のアクション性
派手なスキルとか華麗な演出はほとんどありませんが、見た目から受ける印象よりはしっかりとしたアクション性のある戦闘です。うまく回避しながら攻撃を当てる必要があり、キャラメイクや装備の特性、レアの付加等でもかなり操作感が変わります。レベリング自体はここで「Lv○○まで上げる」みたいな事の繰り返しなので単調さは否めませんが、その点はレアドロップがモチベーションの源になる感じです。あと自分は未経験ですが対人戦(デュエル)なんかも一応あります。

育成要素が面白い!
レベルアップした時に貰えるポイントを各種スキルに振り分ける事で戦士になったり魔法使いになったりするタイプの育成(鍛冶とかはちょっと特殊らしいですが)。全体的に昔のMMOに近いゲームなので気長にやる必要がありますが、単なるレベル制より格段に自由度が高いと思います。もっと詳しいスキルの詳細は公式ヘルプのスキル紹介を参考にどうぞ。

難点
マゾい。一応要領よくやれば数日でかなり高レベルまで行く事も可能ですが、初心者がいきなりそんな効率プレイをやれるとは思いませんし・・。まあこのマゾさが達成感やら良品GET時の嬉しさの元になっていると思うので一長一短ですが、序盤が特に単調なので苦手な方は注意。


動画はエターナルナイトに挑戦した時の物。強いけどレアが熱い!!

元々かなり昔に引退したゲームですが、今回はレビューを書くにあたって何も無いLv1の状態から新たにプレイし直したので、育成ついでに手順を動画にまとめて見ました。
エクソシズムブリーズ 剣士育成 その1
1stキャラは戦士系が基本なので、その中でも扱い易く一通り何でもこなせる剣士を作成。
今の所その7(Lv400程度)まで作ったので一例として育成の参考にでもどうぞ。
[ 2011/10/31 23:34 ] アクションRPG | TB(0) | CM(-)

名もなき島

名もなき島

ジャンル やりこみ系RPG  
OS Windows98/XP (win7[64bit]にて動作を確認)
カテゴリ フリーゲーム 公式サイトは消滅してる模様 DL(Vector) 
シンプルながら中毒性の高い逸品
ヤリコミ要素が豊富で育成とかアイテム集めスキーな方には特にお勧め。
82点!殿堂入り!!
今回はVB製の超有名フリーゲーム「名もなき島」をレビューします。このゲームの特徴は一般的なRPGからマップ移動や迷宮探索、情報収集等の面倒な要素を一切省いた様な極めて簡潔なシステムと、そこに一転して強力なヤリコミ要素を加えている点にあります。近い内容のゲームとしてはアンディーメンテ系のRPGなんぞによく似た内容だと思います。

極限まで単純化されたシンプルなダンジョン
基本的にダンジョン探索で使うコマンドは「進む」と「戻る」の2択のみ。ダンジョンに入るとゴールまでの距離が表示され、ゴールまで進んでボスを倒せばそのダンジョンはクリア。一歩進むごとに戦闘やらアイテムの入手やら仲間の加入等、様々なランダムイベントが発生する仕組み。。説明だけ聞くと「それって面白いの?」と思われるかも知れませんが、実際やって見るとこれだけで十二分に冒険している手応えを味わえる所が凄い。

キャラ育成要素が面白い
総勢25名(?)の仲間を自由にPTに組み入れて育成可能。基本的なステータスや成長はキャラ毎に固定なので一見自由度は低く見えますが、スキルや武器等で使用した属性が少しずつ伸びて行くので本格的に育成すればMMOのキャラ育成に近い感触。「終盤に覚えるこのスキルの威力を底上げする為に序盤この属性を伸ばしておこう」とか「このキャラのこのスキルを生かす為にもっと速度を上げねば」とか「弱いけど気に入ってるキャラをあの手この手で最強にする!」みたいなマニアックな育成も楽しめます。スキルも大半は魔石を装備する形式なので先天的な物以外は受け渡し可能(魔石に蓄積された経験値も維持されます)

アイテム集めが楽しい!
アイテム数自体もかなり豊富ですし、盗みでしか入手出来ないアイテムとか特定の場所の低確率な宝箱からしか出ない品等、レア集めスキーな人にはたまらない物があります。特にこのゲームの場合武器や防具以外に実用性の高い装備品として魔石類(装備形式の成長スキル 90種程度?)もあるのでレア集めが好きな方には特にお勧め出来そうです。

難点
まずグラフィック。それと戦闘が古典的なタイプのRPGなので見栄えがしない所(バランス面は優秀なのであくまで見栄えの問題)。後はオート戦闘が無い所でしょうか。前回のコマンドを模倣してくれる戦闘モードがあるだけで戦闘がかなり楽になりそうです。


プレイ中にウィンドウ解像度がコロコロ変わるゲームなので動画を撮るのに苦労しました。
[ 2011/08/25 03:57 ] 非ツクール製RPG | TB(0) | CM(-)

Infantry

Infantry ※英語サイト注意

ジャンル オンライン系アクション(ある意味FPSに近いゲーム性)  
OS Windows9x/NT (win7等でも動作する模様)
カテゴリ フリーゲーム(以前は有料でしたが現在は完全無料) 公式サイト 
かなりマニアック。でも奥の深い良対人ゲー。
色々と敷居が高いので高得点では無いすが、ハマれば高い中毒性を発揮するゲーム。
76点!!
今回はSOEが無料で開放しているアクションゲーム(?)「Infantry」をレビューします。
最近はご無沙汰ですが一昔前に脳が溶けるほど遊んだゲーム。古い上に基本英語で操作性もかなり独特な敷居の高いゲームですが、プレイヤースキルの依存度が高く一部の対人戦好きには結構根強い人気のあるゲーム。まあグラは少々アレですが対人戦が好きで古いゲームに抵抗が無ければ遊んで見る価値はあると思います。若干FEZに似てる気も。

慣れると中毒性の高い独特の操作性
かなりクセのある操作性で慣れるまでは戦闘どころか思う様に移動する事すら困難ですが、反面慣れて来ると非常に繊細な入力が可能で他では味わえない独特の楽しさがあります。古いゲームなのにいまだにコアなファンが付いているのはこの辺りが一因かと思います。

大人数で繰り広げられる熱い対人戦
1チーム15人程度(MAPによって違う?)で戦うCTFゾーン。旗を奪い合うフラッグバトルが中心で色々なマップがあり、それぞれ参加するチーム数や旗の本数等が違ってたりします。最初は色々と難しいですが、慣れると他では味わえない極上の対人戦が味わえます。

成長要素もアリのRPGゾーン
対人ゾーンでは基本的にキャラ性能等に差は生じませんが、RPGゾーンでは経験値やスキル等の成長要素があります。自分はCTFオンリーですがこっちも人気があるらしい。

難点
まず英語。次に慣れるまで操作が難しい所。後はプレイヤースキル依存の対人戦なので最初は中々勝てない所でしょうか。導入等はWikiを参考にどうぞ。


[ 2011/07/14 00:09 ] FPS | TB(0) | CM(-)

osu!

osu!※海外サイト注意

ジャンル リズムアクションゲーム (いわゆる音ゲー)  
必要動作環境
1GHz+ Processor/512mb+ RAM/Microsoft .NET Framework (2.0+, 32bit)
対応OSは明記されてませんがXPとWin7(64)にて動作を確認。
カテゴリ フリーゲーム 公式サイト 
神ゲー。音ゲー好きなら試して見るべし!
98点 殿堂入り!!
今回は海外産のいわゆる音ゲー「osu!」をレビューします。
最初ヘンテコな名前だなーと思ってたらどうやらDSの「押忍!闘え!応援団」という音ゲーのクローン的な物だそうな。ユーザー製作の曲データが大量にある所なんかはBM98に近い。元がタッチスクリーンで遊ぶゲームのクローンなのでペンタブとの相性がかなり良好。

圧倒的な曲データの質と量
ユーザーが個々に製作した曲データを公式サイトにUP可能なので質・量ともに凄まじいの一言。現状5000近い曲データが公開されてます。特にアニメやゲーム、ボカロ関連の物はいわゆる職人が完成度の高い物を沢山公開している為かなり充実してます。

グラフィック・演出面も素晴らしい
インターフェイスや演出、ゲーム画面等もかなり洗練されていて家庭用機やゲーセンにある様な物と比較しても遜色無いんじゃないかと思います。

最大8人のマルチプレイが可能!
個人的には音ゲーにオンライン要素はあまり求めていないのでアレですが、一応こういう機能もありますよと言う事で。ユーザー数はかなり多く日本語の部屋もよく見かけます。

シンプルなのに奥が深い独特の操作性
操作性は非常にシンプル。ペンタブとの相性がかなり良いのでヘビーユーザーはそっちを使用しているケースが多いらしい。自分は元々CGをやるので両方試しましたがやっぱペンタブがあった方がやりやすい。ただマウスでめっちゃ上手い人を実際に見たことがあるので無いと楽しめない訳でも無いと思います。これの為だけにペンタブ買うかはちょっと悩ましい所ですね。

難点
健全な物も多いですが著作権的に問題のある曲もかなり多く登録されているので注意。後はDLや登録、インターフェイスが基本英語なので人によっては導入が少し面倒な所でしょうか。導入に関してはWikiで詳しく解説されているので分からなければそちらを参考に。





ペンタブレットの機種あれこれ

「そもそもペンタブって何?」って人も多いと思うので少し説明を。
ペンタブとは下敷きの様なパッドの上でペンを持って操作するマウスとよく似た役割のデバイス。マウスとの違いは紙と鉛筆で絵を描く感覚に近い物をPCの画面上で再現出来る点。慣れれば画面に直接ペンで絵を描いてる様な感覚を味わえます。これの上位版として本当に画面の上に絵を描いてしまう液晶タブレットというのもありますが流石に素人が気軽に買える値段じゃない・・・。まあこっちはイラストレイターとか漫画家の最終兵器ですし。(いつか絶対買ってやる!)

ペンタブの機種に関しては信頼性・シェア共にほぼワコム社の独占状態なので、ワコム製なら基本的に何でもOK。ただし一番安い機種は絶対座標では無く相対座標なのでosu!にもお絵描きにも向かないキワモノです。というか厳密にはペンタブですら無いのでご注意を。

osu!の専用コントローラーとしてペンタブを買うならbamboo Penで十分ですが、折角ペンタブを買うなら絵も描いて見て欲しいなと個人的には思います。絵は一生ハマれる趣味ですよ!

ワコム Bamboo Pen CTL-460/K0 Sサイズ
一番安い物は上に書いた通りアレなので、ワコムの下から2番目に安い機種。5千円程度でお絵描きソフトの付属無し。CGとかやりたくなったらイラスタ等を後から購入。安い機種ですが基本性能はさすがのワコム。Sサイズしか無いので本格的にCGをやる場合は細かい所でちょっと物足りない時がありますが、自分はCGを描く時にもよくコレ使ってます。

ワコム BambooコミックCTH-461 Sサイズ  Mサイズ
上の色違いでコミスタ (漫画作成ソフト)の一部機能制限版やイラスト系ソフト各種の体験版などが同封。サイズの違いは読み取り領域の広さの差で絵を描く場合は大きい方が一般的には有利とされてます。この機種を買うならMサイズでガチだと思います。

プリンストン PTB-S2BK
ワコム社製以外だと名前を聞くのはコレぐらい。Intuos4にソックリですが実質Bambooシリーズの対抗かな。 bambooとIntuos4の間に滑り込もうとしてる感じがAMDっぽくてちょっと好きです。安い割にカタログスペックがIntuos4並で悪い噂もあまり聞きませんが、カタログに現れない性能というのもあると思うので信頼性を取るならやっぱIntuos4のが無難だと思う。

ワコム Intuos4 PTK-840/K0 Mサイズ  Lサイズ  XLサイズ
プロ用。ペンタブカテゴリの中では事実上世界最強の機種。漫画家とかイラストレイターの人が商売道具として使ってる様な品。筆圧レベルも高く廉価版には無いペンの傾きを検知する機能とかも付いてます。プロ用の環境がLサイズでも3万ちょっとかと思うと考え様によっては安い気も。まあosu!やるだけなら確実にオーバースペックですが。それとXLとか実物は冗談みたいにデカいので机のサイズに注意が必要。デカ過ぎると精密な絵は描けるものの線を描く時の腕のストロークが長くなるので逆に疲れます。相当特殊な事をやる場合を除けばMかLがベスト

[ 2011/05/21 14:28 ] 音ゲー | TB(0) | CM(-)

彼女と彼女と私の七日

彼女と彼女と私の七日※18禁注意

ジャンル ギャルゲー(百合要素あり)  
OS Windows 2000/XP/Win7
カテゴリ フリーゲーム 公式サイト 
全てがハイクオリティ。フリーゲームとしては最高峰。
92点!!
今回は2ch発のアドベンチャーゲーム「彼女と彼女と私の七日」をレビューします。18禁でしかも百合なのでユーザーを選ぶ点は否めませんが、もはやフリーゲームでは有り得ないレベルのクオリティの作品なのでジャンルに嫌悪感さえ無ければ確実にオススメです。

ハイレベルなグラフィックと演出
この辺りは下にある動画を見て貰った方が早そうですが、フリーゲームとしては最高レベルの出来だと思います。プロとしても十分通用しそう。(本当にプロの方だったら申し訳ない)
演出面もかなり凝っていて商用ゲームと比較しても遜色はありません。

まさかの全編フルボイス
フリーゲーム系ノベルの最大の弱点はやはり声。他はともかく声だけは無償で参加してくれるスタッフを必要数確保するのが相当に困難だろうと個人的には思っていましたが、なんとまさかのフルボイスです。この点に関してはもう凄いとしか言い様が無い。よく実現したもんです。

一本道ながらシナリオも秀逸
ボリュームはちょっと少なめの5時間程度。基本的には一本道シナリオですがシナリオのクオリティは自体はかなり高い。まあノベルゲーはシナリオが命なので、むしろ変にルート分岐や水増しをやって内容が薄くなっていない所を個人的には評価したいと思います。エロに関してはそれがメインと言う訳でも無いのでそれだけを目当てに遊ぶとちょっと微妙かも知れません。

難点
まあジャンルがジャンルだけに人を選ぶ所が最大の難点でしょうか。このレベルの物をフリーゲームとして出されると流石に難癖の付けようが無いですね・・・。


今回はyoutubeにあった公式OPを拝借。このジャンルは動画をアップするにもちょっと神経を使いそうなので無かったらどうしようかと思いました。
[ 2011/05/03 09:22 ] ADV | TB(0) | CM(-)

ゆめにっき

ゆめにっき※このゲームには鬱展開やダークな表現があります

ジャンル ホラーADV(RPGツクール2003)RTP
OS Windows 95/98/SE/ME/2000/XP/Win7
カテゴリ フリーゲーム 公式サイト DL
奇妙で圧倒的な夢の世界。狂気を感じる芸術的な作品。
71点!! ※万人向けでは無い為少し控えめに採点してます

今回はRPGツクール製のADV「ゆめにっき」をレビューします。二次創作が出ていたり、海外にもファンが居たりとフリーゲームの中でもかなり有名な作品。ジャンルはホラーですが怖さの質が一般的なホラーとは違い、狂人の描いた絵を見て戦慄する様な異質な物に抱く独特の怖さ。でも見てみたくなる怖い物見たさな魅力があります。ツクール臭は全く無いのでご安心を。

言語的な要素がほとんど無い世界
このゲームには状況説明や会話などの言語的な要素がほとんどありません。主人公の女の子が高層マンションの自分の部屋に居る所からゲームがスタートし、外に出ようとしても首を振って嫌がるばかり。取れる行動はただひたすら毎日ベッドに潜り込んで夢の世界へ旅立ち続ける事。混沌とした夢の世界は女の子の内面を間接的に表している様ですが、やはり説明的な物は一切無く、それをどう解釈するかは全てプレイヤー自身に委ねられています。

オリジナリティが高いゲーム
例えば曲を作るなら音楽理論を学べば耳触りの良い曲が簡単に作れます。ゲームならヒットした物を真似すれば売れる物を作り易い。何の話をしているかと言いますと、テンプレートのお話。テンプレートは安定して何かを生産する時には力を発揮しますが、頼れば頼るほどオリジナリティや芸術性、新鮮さが失われて行きます。ゲームに対して芸術性を問うのはいささか違和感があるかも知れませんが、ゲームと言うのはシナリオや音楽、演出等の混合物なのでれっきとした芸術作品。つまりゲームを基にしてゲームを作ると言う事は、本質的には他人の絵をモチーフにして絵を描くのに近い行為だと感じる訳です。そういう観点で見るとこのゲームは本当に凄い。

ハイセンスで常軌を逸したグラフィック
とにかく色々な意味でスゴい。女の子の容姿や現実世界の部屋なんかはポップでかわいい感じですが、女の子の心象風景である夢の中はもうぶっ壊れた様に奇っ怪な世界が広がってます。絵がうまければ描けるってタイプの絵では無くて、何でそうなったのか、何を思ってそうしたのかが全く想像出来ない異質な感じ。作者様は芸術家肌な御仁なのだろうと思います。

難点
ストーリー的な説明が一切無く、目的がよく分からない夢の世界をひたすら探索するゲームなので人によってはキツいかも。基本的にイベント制覇やエンディング到達は攻略を見ないと厳しい感じ。youtubeとかニコニコに実況付きプレイ動画があるので面倒ならそっちを見るのもお勧め。後は微妙にダークな表現や鬱な展開がある所でしょうか。まあこの辺りに関しては単純に短所と言える様な物でも無く、それも含めた上で評価に値する作品だと個人的には思ってます。

[ 2011/04/07 08:49 ] ADV | TB(0) | CM(-)
全品送料無料!
絞り込み
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。