数で勝負では無く質で勝負!見所の無い物はそもそも載せません!!
文句無しに面白かった物は殿堂入りとし、評価の低い物でも何かしらの魅力のある物のみを厳選して紹介して行きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エクソシズムブリーズ

エクソシズムブリーズ

ジャンル オンラインRPG(完全無料・個人製作&運営)  
OS Windows98/XP (win7[64bit]にて動作を確認)
カテゴリ フリーゲーム 公式サイト 
※本記事執筆時の最新版はv1.56です。最新版にしないと内部エラーが出るので注意。

極めて珍しい個人製作のMMORPG
序盤マゾイ!戦闘は単調!!でもハマれば年単位で遊べる昔のMMO!!!
78点!
今回はフリーゲームの中でもかなり数の少ないMMORPG「エクソシズムブリーズ」をレビューします。まあMMOと言ってもオンライン要素はかなり限定的で、ブレス交換や死亡時の救出・アイテムのトレードやチャットなどの間接的な物が中心。戦闘はソロが基本でPTプレイ不可な所がMMOとしては辛いですが、半ばオフゲー的なノリで遊べるので過疎に強い所がメリットかな。一応公式の鯖ログによると2011年10月現在では日当たり100人~400人(平均185人/日)程度のログインがある様です。まあ古参が多いのでリアルの知り合い数人とかで始めてメッセンジャーやIRCを繋ぎつつ、まったり情報交換でもしながら遊ぶ様な遊び方がお勧めですが。

こういう国産で個人製作のMMOは本当に数が少なくて、パっと思い付く限りで現存しているのは「OUTLIVEONLINE」とコレぐらい。OUTLIVEはβ3の時に強烈にハマった記憶がありますが、β4になってからパっとしなくなったので今後レビューを書くかは微妙です。

個人開発のMMORPG!
個人開発系の魅力は収益性を無視して開発可能な所。最近は基本無料で遊べるアイテム課金制のオンラインゲームが沢山ありますが、収益性を高める為に面白さを犠牲にしている様な所が必ずあるので、その様なしがらみの無い個人開発には素材の質等では太刀打ち出来ないまでも、ひたすら面白さを追求出来ると言う点で大きなアドバンテージがあると思います。

好みに合えば中毒性の高いレアハント
レアの仕組みはベースになるアイテムに冠詞がランダムで複数付くタイプ。基本性能の高いベースアイテムに良い冠詞が重なれば凄いレアになると言ったシステム。基本性能の高いアイテムをドロプップするモンスターはある程度のレベルになるまで手が出せないので結果的に序盤がだるい。レアドロップの傾向は「出難い代わりに良品が出た時の嬉しさは異常!」みたいな人を選ぶ代わりに中毒性の高いタイプ。戦闘がアクション寄りで難易度も高めなのでレアの性能を数値的な物だけでなく体感的に味わえる所が個人的には良かったです。

独特のアクション性
派手なスキルとか華麗な演出はほとんどありませんが、見た目から受ける印象よりはしっかりとしたアクション性のある戦闘です。うまく回避しながら攻撃を当てる必要があり、キャラメイクや装備の特性、レアの付加等でもかなり操作感が変わります。レベリング自体はここで「Lv○○まで上げる」みたいな事の繰り返しなので単調さは否めませんが、その点はレアドロップがモチベーションの源になる感じです。あと自分は未経験ですが対人戦(デュエル)なんかも一応あります。

育成要素が面白い!
レベルアップした時に貰えるポイントを各種スキルに振り分ける事で戦士になったり魔法使いになったりするタイプの育成(鍛冶とかはちょっと特殊らしいですが)。全体的に昔のMMOに近いゲームなので気長にやる必要がありますが、単なるレベル制より格段に自由度が高いと思います。もっと詳しいスキルの詳細は公式ヘルプのスキル紹介を参考にどうぞ。

難点
マゾい。一応要領よくやれば数日でかなり高レベルまで行く事も可能ですが、初心者がいきなりそんな効率プレイをやれるとは思いませんし・・。まあこのマゾさが達成感やら良品GET時の嬉しさの元になっていると思うので一長一短ですが、序盤が特に単調なので苦手な方は注意。


動画はエターナルナイトに挑戦した時の物。強いけどレアが熱い!!

元々かなり昔に引退したゲームですが、今回はレビューを書くにあたって何も無いLv1の状態から新たにプレイし直したので、育成ついでに手順を動画にまとめて見ました。
エクソシズムブリーズ 剣士育成 その1
1stキャラは戦士系が基本なので、その中でも扱い易く一通り何でもこなせる剣士を作成。
今の所その7(Lv400程度)まで作ったので一例として育成の参考にでもどうぞ。
スポンサーサイト
[ 2011/10/31 23:34 ] アクションRPG | TB(0) | CM(-)

名もなき島

名もなき島

ジャンル やりこみ系RPG  
OS Windows98/XP (win7[64bit]にて動作を確認)
カテゴリ フリーゲーム 公式サイトは消滅してる模様 DL(Vector) 
シンプルながら中毒性の高い逸品
ヤリコミ要素が豊富で育成とかアイテム集めスキーな方には特にお勧め。
82点!殿堂入り!!
今回はVB製の超有名フリーゲーム「名もなき島」をレビューします。このゲームの特徴は一般的なRPGからマップ移動や迷宮探索、情報収集等の面倒な要素を一切省いた様な極めて簡潔なシステムと、そこに一転して強力なヤリコミ要素を加えている点にあります。近い内容のゲームとしてはアンディーメンテ系のRPGなんぞによく似た内容だと思います。

極限まで単純化されたシンプルなダンジョン
基本的にダンジョン探索で使うコマンドは「進む」と「戻る」の2択のみ。ダンジョンに入るとゴールまでの距離が表示され、ゴールまで進んでボスを倒せばそのダンジョンはクリア。一歩進むごとに戦闘やらアイテムの入手やら仲間の加入等、様々なランダムイベントが発生する仕組み。。説明だけ聞くと「それって面白いの?」と思われるかも知れませんが、実際やって見るとこれだけで十二分に冒険している手応えを味わえる所が凄い。

キャラ育成要素が面白い
総勢25名(?)の仲間を自由にPTに組み入れて育成可能。基本的なステータスや成長はキャラ毎に固定なので一見自由度は低く見えますが、スキルや武器等で使用した属性が少しずつ伸びて行くので本格的に育成すればMMOのキャラ育成に近い感触。「終盤に覚えるこのスキルの威力を底上げする為に序盤この属性を伸ばしておこう」とか「このキャラのこのスキルを生かす為にもっと速度を上げねば」とか「弱いけど気に入ってるキャラをあの手この手で最強にする!」みたいなマニアックな育成も楽しめます。スキルも大半は魔石を装備する形式なので先天的な物以外は受け渡し可能(魔石に蓄積された経験値も維持されます)

アイテム集めが楽しい!
アイテム数自体もかなり豊富ですし、盗みでしか入手出来ないアイテムとか特定の場所の低確率な宝箱からしか出ない品等、レア集めスキーな人にはたまらない物があります。特にこのゲームの場合武器や防具以外に実用性の高い装備品として魔石類(装備形式の成長スキル 90種程度?)もあるのでレア集めが好きな方には特にお勧め出来そうです。

難点
まずグラフィック。それと戦闘が古典的なタイプのRPGなので見栄えがしない所(バランス面は優秀なのであくまで見栄えの問題)。後はオート戦闘が無い所でしょうか。前回のコマンドを模倣してくれる戦闘モードがあるだけで戦闘がかなり楽になりそうです。


プレイ中にウィンドウ解像度がコロコロ変わるゲームなので動画を撮るのに苦労しました。
[ 2011/08/25 03:57 ] 非ツクール製RPG | TB(0) | CM(-)

DarkHall

DarkHall

ジャンル ウィザードリィ系RPG
OS Windows / Linux(x86) Win7で動作を確認
カテゴリ フリーゲーム 公式サイト
ハマればなかなか良作、WIZ系RPG入門に最適。
12点~78点!! ※このゲームはかなり人を選びます
今回はフリーのウィザードリィ系RPG(以降Wiz系)「DarkHall」をレビューします。実はこのゲームはまだβ版なのでボリュームはかなり少なめですが、食わず嫌いされ易いジャンルだけに今回は比較的グラフィカルでシステム面もとっつき易く、なおかつ評判の良いこれをレビューします。

「Wiz系とは何ぞや?」という方の為に強引に端折って言ってしまえば、要するにダンジョン攻略に特化したタイプのRPGの事。動画を見て頂けると判り易いですがマッピングツールなんかを使用して実際に自分で地図を書き込んで行く事を基本としたRPGで、昔は方眼紙片手に遊ぶのが正しいお作法だったとか。今では物によってはオートマッピングがあったりフリーソフトで管理が可能。実際書いてみると攻略してる感が段違いで不思議な達成感があります。

この種のゲームは絵的にはかなり厳しい物がありますし、ゲームバランスも最近のヌルゲーとは違って非常にシビア。その上「自分で地図を書け」とか言われると即座に敬遠したくなりますが、ハマると寝不足で目を血走らせながら遊び続けてしまう程の中毒性があり、クリア後もレア集めやレベル上げを延々楽しめるのでそういうのがお好きな方にはたまらない物があります。やって見ようと思うまでの敷居の高さとハマった時の破壊力の落差はローグ系とよく似てますね。

難点としては絵も音も最低限なので物凄く取っ付きづらい所が第一点。後はベータ版ゆえのボリュームの少なさでしょうか。未実装も結構あるのでおかしいと思ったら公式チェック推奨。個人的にはバージョンアップ期待してますが、望みは薄そうですね・・・。

最後に、これを楽しめた方にはwanderersシリーズもお勧めして置きます。DarkHallより色々な意味で数段上級者向きですが、そのぶんかなりヘビーにハマれる傑作です。


前半キャラメイクが長いので2:30辺りまでスキップ推奨。マッピングツールは「方眼紙マッピング」を使用してます。まあDarkHallの場合は書かなくても魔法で見れたりしますが。
[ 2011/03/21 15:47 ] ダンジョン系 | TB(0) | CM(-)

盗人講座

盗人講座

ジャンル ツクール系RPG(ツクール2000)RTP
OS Windows 98/SE/ME/2000/XP/Win7(日本語版)
カテゴリ フリーゲーム 公式サイト
コンパク金賞受賞!さっくり遊べる盗人ギャグADV!!
81点!殿堂入り!!
はい、今回はコンパク金賞を受賞した超有名AVG「盗人講座」をレビューします。何でRPGツクールなのにAVGかと言いますと、ズバリ戦闘がほとんど無いからです。それでもRPGの世界観をうまく利用しつつ独自の物に昇華させている所に作者様のセンスを感じます。

ストーリーは亡国の王子が小さい頃に一度だけ出会った盗人に憧れて、国も滅んだ所で心機一転盗人に転職すべく養成学校に入学する所から始まり、ユーザーがあちこちで泥棒したり散策する事でイベントが発生してストーリーが進むと言った方式。泥棒と言っても変にダークだったりする事も無く終始コミカルに描かれていて随所にちりばめられたギャグはかなり笑えます。

泥棒の町は独自ルールが設けられていて、泥棒に失敗した場合は一枚50ゴールドの免罪符を差し出せばお咎め無し。好きな相手から好きな様に盗んでお宝を売りさばいたり必要としている人に持って行ったり、かなり自由度が高くて色々やってみたくなる感じです。

難点としては動画を見て貰えれば判ると思いますが、ツクール素材をそのまま使用しているのでどうしてもツクール臭が気になります。実際自分の周りでもこの辺りが原因でスルーした人が何人か居ましたし、勝手な事とは知りつつもちょっと勿体無いなぁなんて思う訳です。まあそれでも間違い無くお勧め出来るゲームなので興味あれば是非お試し下さい。


序盤の数分を垂れ流しで撮った物。システム面が面白いゲームだけに手抜きせずに何本も撮って編集しないとツクール臭が強調されるばかりで肝心のイイ所が伝わらない・・・orz
[ 2011/02/23 05:43 ] ADV | TB(0) | CM(-)

月夜に響くノクターン(Rebirth)

月夜に響くノクターン(Rebirth)

ジャンル ツクール系RPG(RPGツクールXP)
OS Windows 98/SE/ME/2000/XP/Wi7(日本語版)
カテゴリ フリーゲーム(カンパウェア) DL(Vector)
続編・レビュー記事あり「風の色 鮮やかに
名作RPGを更にリメイク!!もはや金取れるレベルかも。
88点!殿堂入り!!
今回はフリーソフト(カンパウェア)のツクールXP製RPG「月夜に響くノクターン(Rebirth)」をレビューします。元々これはツクール2000でコンパク銀+αを賞受賞した「月夜に響くノクターン」のリメイク版に相当する物でして、かく言う自分も当時は猛烈にハマった記憶があります。

以前の状態でも十分高評価に値するゲームでしたが、本作ではツクールXP製になった事により特に演出面が大幅にパワーアップしていて、戦闘なんかもフルアニメーションのサイドビュー戦闘とたいへん作者様のこだわりを感じさせる内容となっております。新たに追加された要素も多いですし、これはもう以前とは別物と考えた方が正しいかも知れません。

ストーリーは吸血鬼を題材にしたライトノベル的な世界観。何処と無く「月姫」の影響を感じさせる物で少々中二病っぽい雰囲気はありますが、それさえ許容出来れば完成度は素晴らしいの一言。序盤からグイグイ引き込まれる良シナリオだと思います。

システム面もかなり色々と独自の物が導入されていて、長文になってしまうので細かくは触れませんがどれも文句なしに面白い。やり込み要素も豊富でアイテム集めや製作、指定レベル以下でダンジョンをクリアするブレイブクリアシステムにスキルツリー制の成長要素、モンスタークリエイト等々、周回プレイなんかも有ります。特筆事項としては難易度が若干高めな印象で人によっては攻略サイトを見ないと結構苦労するかも知れません。

数年前に「月夜に響くノクターン」をプレイ後、現在本作はプレイ中の状態ですが、コレはお金を取ってもおかしくないレベルだと感じました。RPG好きなら是非試して見て欲しい作品です。


今回はちょっと字幕&編集も入れて見ました。一応これを見たら大体どんな感じのゲームか把握出来るようにしたつもりです。前半3:30秒までが解説、それ以降は戦闘垂れ流しです。
[ 2010/12/22 01:18 ] ツクール製RPG | TB(0) | CM(-)
全品送料無料!
絞り込み
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。